2012年7月31日火曜日

「 遊び 」


今日、会った友達がこんなことを言っていた。


「 最近毎日違う誰かと会っていて、小学生の頃みたい 」と。





小学生の頃は、学校が終わった後、
毎日外が暗くなるまで遊んでいた。

鬼ごっこをしたり、滑り台やブランコであそんだり。
あの時間がとっても楽しかったけど、
大人になるにつれてしなくなっていった。


遊ぶ時間が合う友達が少なくなっているってのもあるけど、
自分の中の遊び心が小さくなっているような気もする。

大人になっての遊びは、今までお酒を飲むことのような気がしてたけど、
お酒は好きだけど、遊びの領域までは届いていない。
遊んだーって思う時は、もっと違う気持ちになる。

カラオケでも足りない。
語り合っても足りない。

わたしが覚えた遊びの原点は、「鬼ごっこ」なんだと思う。

そこにはスリルと体力の消耗が関係している。



そんな中、わたしの見つけた遊びが山登り。


山を登っていると、
昔鬼ごっこして遊んでいたときのような気持ちになる。
きつい道があったり、息がきれたり、
お弁当が美味しかったり、夜ぐっすり眠れたり。

そういうのを全部ひっくるめて、遊んだ気持ちになる。




来月富士山に登る。


私にとって富士登山は、
大人になってから見つけた遊びの一つ。




日常の中にエキサイティングを感じたい。

これから年を重ねて行く中で、
身体が覚えている遊びを
忘れたくないって思った。





* * * * *

2 件のコメント:

  1. 前回の教訓活かします。
    そして今回は夜から登り御来光を拝みます。

    返信削除